top of page
  • Hikarin

富士登山リベンジ 2006年


※過去の富士登山の記事です。お時間のある方のみお楽しみください。

**********

ただいまです~~~☆ 予想以上の強行軍にヘロヘロになりながら下山しました。 超ウルトラグレート筋肉痛です。(爆) さてさて、今回の登山の模様をどんな風にお伝えしようかと思案しました。 一緒に行ったみ~ママと協議の結果、やはり時間を追ってじっくり お伝えしたい気持ちが強いので、そのようにさせていただきます。 是非是非 お付き合い下さい

登場人物紹介 ひかり    いわずと知れた、管理人ひかりでございます。 ギャオス   ひかりの一人息子。 小学校6年生 ブロック星人 ギャオスの同級生。 小学校6年生 男の子。        (赤ちゃんの頃、ブロックで遊ぶのに夢中だったため命名) み~姫    ブロック星人の妹。 小学校4年生。 女の子。        (猫好きで、二人のお家には猫が3匹も!!) み~ママ   ブロック星人&み~姫の母上。 年齢不詳。見た目超若いとだけ。うふ♪ 以上5名と、登山で出会った戦友&親切な山小屋の方々。

リベンジ富士登山 はじまりはじまり~~☆ 7/29 朝6時半 ギャオ家を愛車「ビーくん」bBで出発      7時頃、ブロック星人宅 着。 心配されたお天気も 快晴とはいかないまでもまずまずのお天気♪ 雨も心配なさそうです☆ これもひとえに、皆さんのお祈りのおかげ。 てるてる坊主のおかげだぁ~~~ 車は快調に中央高速道路を河口湖方面へ  ひかり 「いいお天気でよかったねぇ~~♪」 み~ママ「ひかり親子の晴れパワーはすごいねぇ~」 ひかり「でしょう?? 日頃の行いがいいのよぉ~~」(調子に乗りすぎ) カツッン パン  ひかり&み~~ママ 「な・・なに?? 今の音??」 何も踏んでない・・・なんか嫌な予感・・・。この音昔聞いたことある・・・ なんだなんだ・・・・?? ぎゃああああ~~~~ フロントガラスにヒビが・・・・ あわてて、近くのパーキングに入れたものの、 ルームミラーの所に飛び石があり、そこから20cmくらいピキピキと ヒビが・・・。 どうしよう・・・このまま広がったら危険だし・・・ ここで引き返す?? え~~まじでぇ?? どうしよう?? ガムでもぺたっと貼って補修できるかなぁ?? 頭の中をいろいろな事がぐるぐるぐるぐる とりあえず、車の修理のプロのおじの所へ ひかり 「高速で飛び石に突っ込まれてフロントガラスにヒビがっ」 ほとんど泣きべそをかきながら電話をすると帰ってきた返事が 「セロテープで補強して乗り切れ」 ま・・ま・・・まじですか?? セロテープなんて・・・高速で売ってないっす セロテープ・・・セロテープ・・・ 今年の梅雨前線の長引きのため天候が心配された コメントで皆さんがてるてる坊主の話をしてくれた てるてる坊主はどうやらその地域でぶらさげないと効果が期待できないらしい んじゃ、bBに乗っけるか 昨日の画像の「てるてる坊主」実はbBの後ろについていたものであった 何でつけていたかって?? セロテープ あるじゃん!! セロテープ☆ ブラボ~☆  グレ~ト☆ ワンダホ~☆

こんなん仕上がりました


ブログで皆さんに「てるてる坊主」って言われていなかったら bBの中にセロテープがあろうはずもなく・・・・ 梅雨前線 万歳 な瞬間でした☆

補強終了後、 「奇跡だねぇ~~」と目をうるませて目的地須走り口へと向かったのであります。 ところが・・・・一難さってまた一難

10時30分位に須走口に到着したものの 駐車場が封鎖。

満車

げぇ~~~ これから戻ったら2キロくらい歩くようだよ~~

やばいよ~~

み~姫 「気持ち悪い・・・・」

どうやら車酔いのよう。

泣きっ面にハチだよぉ~駐車場のおじさんが

「ここでUターンして下へくだって路駐してください。

今、バスが来るから、場所を開けて待ってて!!」

一日中やっているから大変そうなのですがそう高飛車に言わなくても良いのに・・・。

ここから2キロも下って・・・・・そんなん嫌だーーー!!!

と叫びつつ、明日へ続く・・・・登山じゃないじゃん・・・・

 

須走口 五合目駐車場前で 満車のため足止めを食らってしまったひかり一行。

み~姫が車酔いでダウンしているなか、

下まで降りて荷物を抱えて戻ってくるのはちょっと大変

み~ママ 「荷物と子どもたちだけ降ろしちゃうか??」

ひかり 「そうしよう!」

降りろ~~

子ども達は、この切迫した状況をわからず、のん気にゲームの話で盛り上がっている中、

大人の叫びが・・・

「荷物持って早く降りる」

おもむろに荷物を降ろし始めたひかりたちに向かって駐車場のおじさんも負けずに怒鳴る

「さっさと降ろしちゃってよ!! のんびりやらない!!」

ばたばたばたばた

「ギャオ!ブロック星人! 早く荷物降ろす!! み~姫のこと見ていてね!!」

戦場のようだ・・・。

ところが突然「はい!! 上へ行って!! 早く!!」

「は?? 駐車場に入れてもらえるの??」

「他の車も待ってるんだから早く!!」

「え? え? 一体何?? どうゆうこと??」

パニック怒鳴り声にせかされながら・・・右往左往

「ギャオ~ ブロック星人 み~姫と荷物よろしくね~~ぇ~ねぇ~ねぇ~・・・・ ブゥ~~ン」

なんだかわけのわからないまま bBは駐車場へと。

行ってみるとまだ何台か止められる。

「え? え?? 私たちなんだかラッキー?? どうなってるの??」

子どもたちと荷物を先ほどの場所まで回収に行くと後ろから来た車たちはUターンさせられている・・・・。

うーーーーーん。

もうちょっと落ち着いて誘導はできないものなのでしょうか??

それでもラッキーなことに駐車場にしっかり陣取ったひかり一行。

お弁当をたべながら、高度に体を慣らすため一時間ほど過ごします。

天候は 下界は残念ながら見えません。

お久しぶりの知る人ぞ知る「ぷに」ももちろん参加です それでも元気にさぁ 出発 おひさまは見えないけれど、涼しくて歩きやすい。 去年と同じ、小さな祠に旅の無事を祈り、山へと足を踏み入れます。


富士登山は高度で行程も長いため、歩くのに少しだけコツがいります。 「歩幅でなく歩数で距離をかせげ」という言葉があるくらいだそうで あまり足を上にあげず、ひきずるように歩きます。 そして、歩幅を狭く一歩一歩。 高山の花も咲いています。

長雨のおかげで、緑がしっとり青々と深く、空気はあま~~い。 言われなくても深呼吸 ギャオを「時間隊長」に任命して、20分歩いたら3分休憩。 ひかりが先頭を歩き、はやる気持ちを押さえるようにゆっくりゆっくり進みます。 ところがここで、予想外の展開。 去年はあんなに苦しかったこの道。 先頭をゆっくり歩きながら 呼吸はまったく苦しくありません。すると 「ちょ・・ちょっと 休憩しよ~」 子どもたちから声が上がります。 あれ?? なんで? 私こんなに楽でいいの??  なに?? これってチベット体操の効果じゃん  呼吸が楽だと、歩くのがこんなに楽しいなんて~~~ うれしぃ~~~ 「しょうがないなぁ~~ じゃ、一分 休憩ね」 そんなひかりを見てギャオも目がまん丸に。(笑) 途中がスコールのように降ってきたり 雲がサァ~~~と流れたり 「山の天気はかわりやすい」を体感しました。 ギャオ・ブロック星人・み~姫にとっては 「雲の中にいる」という感覚=霧の中 という図式ができたようで 「外から見たほうがおもしろいね」なんて感想も

気圧が高くて、売っているポテチやチョコレートがパンパン☆

み~姫はそれがおもしろいらしく、熱心に写真に収めていました。 時間はかかったものの、割と順調に太陽館。

去年はヘロヘロで外観の写真さえ撮れなかったことが 懐かしい 今年はチベット体操のおかげで、本当にひかり的には楽に登れちゃいました ここまでずっとお天気が悪く、景色を楽しむということができていない 道中です。 さてさて、ご来光を見ることができるのでしょうか??

 

ブロック星人一家は初めての富士。 是非とも、あの素晴らしいご来光を見せてあげたいなぁ~と 祈るような気持ちでした


山小屋は、雑魚寝で暗いので、特にすることがありません。 自分でいつ寝たのかわからないくらい 爆睡しちゃいました。 ブロック星人は、ここまで、どうしても遅れがちで辛かったようで 「待ってよ~ 待ってっていってるじゃ~~ん」 まぁ 見事な寝言を言いながら就寝だったようで(笑) そのため み~ママはあんまり眠れなかったみたい。 目覚めてみると、の空、慌てて み~ママを起こしに 行きました。 「ご来光が見れるよ!!」


風もあまりなく・・・空気が「凛」としています みんな息を呑んでその瞬間を待ちます


出た~~~ 「おおお~」「ほぉ~~」 歓声ともため息ともつかない声が広がります


音もなく 淡々と昇る朝日 毎日毎日 誰が見ていても 見ていなくても


ひかりはどんどんまぶしくなって どんどんどんどん 暖かくなって

なんだか どうしてだか 涙がでるときがあるんですね