• Hikarin

水のありがたさ


#ウォーターチャレンジwithMegumi という

一日に2リットルの水を飲もう

企画に参加して楽しんでいます。^^


昔から水とはご縁が深く

「水」は心情的にも私にとっては大切なものなのです。

興味深いことに、海の水も「水」なのに

私にとってご縁があるのは「真水」かなと感じています。

自分自身を整えるという意味でも

浄化という意味でも

「水」って手軽で貴重な存在ですよね。

エピファ沖縄スタッフのmegumiさんが声を上げてくれて

スタートしたこの企画。

ブログにも記事を上げてくれています。

ウォーターチャレンジ開始

聞くところによると、 むくみって、水分とっていない人の方が起こるんだって。 ないから、貯めようとする。 逆にたくさん持っている方が心おきなく手放せるんだね。

さらに、水飲みたいって感覚がない人は脳にも水分が行っていなくて

そうすると、お野菜よりもジャンキーなものとか食べたくなる傾向があるそうな。

体って正直だよね~~。

体が資本。

と思って、健康管理には気を使っています。

サプリメントも採って、夜は歩いています。

でも、ゴッドハンドエステの素晴らしいミリオネアの方から

あっさり、

「この体じゃ、吸収が悪いはず」

といわれてガックシ。。。。とほほ。

なので、ちょうどお水をしっかりとるってタイムリー☆


そんな個人的な。。。 自分自身の浄化とか、デトックスとか

ばっかり考えていたら

この流れを見た

masamiさんとエピファの打ち合わせ中に

聞いたお話に

マジデスカ。。。。??

少し前

「水」がテーマのお話が

ライトさんのところで繰り広げられていて

とても大切なことが語られていました。

いつかシャスタにも足を運んで

自分の足で見てみたいと思っています。

また改めて、水の大切さ

そして水が飲めることのありがたさ

心から水を綺麗なまま残したい。

そんな想いを強烈に感じる

お話でしたよ。

ごめん。今はまだ話せない~~

まずは、masamiさんのところの

シャスタのお話を読んでみて。  ここから6話連続! 連続は珍しいかも^^ → こシャスタ・水の危機 ブランダン


お水のことは

実は、もうたくさんのみなさんがお気づきのように

過去のエピファでも

masamiさんは教えてくれていたんですよね~。

いかに、、、継続することが難しいことなのか。 いま、陽ちゃんがロスに飛んで 大切なプライベートのご用事と、 そしてエピファなどもろもろのお仕事と きっと大忙しね~~。

私もmasamiさんのところに滞在の時には

朝一番に、あのとてもすてきな声で

「みんな~~

起きたらすぐにコップいっぱいの水飲んでよ~」

これが今私の習慣になっています。(∩m∩**)

この画像、meguちゃんがLOVEとThank youをしたに引いたら

素敵な波動水が飲めるね~~って提案してみたので書いてみました。

そう。

この流れのことを既に予感していたmasamiさん

「ユニバースはエピファのスタッフもしっかり仕事に組み込んで

 動かそうとしているのね~」

って軽やかに。

そう。 スタッフのみならず

参加のみなさんも

大きな大きな流れの中に入り

そして個人が、意識を、魂を輝かせていくとともに

その波動が大きく広がり 展開も大きくなっていくのでしょうねぇ。

いま、この時にこうやってご縁がつながっていることは

それはとても大きなチャンスだと思う。

私個人の意思がどうこう云うレベルのお話じゃないのかも。

そんな不思議予言っぽい発言をするmasamiさんのそばで

また私自身は身が引き締まる思いなのでした。


#エピファ #エピファ2017 #MasamiLight #転換期 #水を大切に #聖地を守る

最新記事

すべて表示

波動の凄さ

Masamiさんも日本入りしてパワフルミラクルな週~♪ ・・・といいながらも イベント控えて準備も佳境に入っております。 がっ。 元気。 イベントの時にMasamiさんオリジナルキャンドルメソッド用の キャンドルの準備をしていた時のお話 日本について早々 たくさーーんのイベントのためのギフトとともに キャンドル用のものも入っていまして。。。 今回超プレミアムなMasamiさんがしっかりエネルギーチ

  • icon_onpu01g_0501
  • Facebook Black Round
  • Instagram Black Round
  • Twitter Black Round

© 2016 Heart*Melody 
本ウェブサイトの文章、写真画像に関する知的財産権の所有に関してはHeart*melofyに準拠しています。 

本ウェブサイトからの引用、転載をご希望の方は、メールでお問い合わせくださいますようおねがいいたします。